総量規制対象外の銀行カードローンのメリットと注意点

銀行は貸金業法が適用されないので、年収の3分の1以上は借りられない総量規制の対象外です。
そのため、総量規制対象外の銀行には、貸金業者である消費者金融にはないメリットがいくつもあります。

総量規制対象外である一番のメリットは、無収入の専業主婦がお金を借りられることです。
専業主婦が消費者金融に申し込みをしても、総量規制対象となり1円も借りることはできません。
しかし、銀行は配偶者に十分な収入があれば、専業主婦が自身の名義で申し込みをしても借り入れできます。
自身が無収入の専業主婦でもお金を借りられるのは、総量規制対象外である大きなメリットです。

他にも銀行のカードローンには、消費者金融より金利が低いメリットもあります。
金利が低いため利息が軽くなり、楽に返済することができるのです。
お金を借りるときに、利息が減ることほど嬉しいメリットはありません。

このように優れたメリットのある銀行のカードローンですが、注意点もあります。
総量規制対象外の銀行カードローンの注意点は、審査が厳しいことです。
無収入の専業主婦でも借りられる反面、収入が少ない、不安定なアルバイトや非正規社員は利用が難しくなっています。
また、金利が低く利息が軽いと言っても、消費者金融で借りるときと同じく借金であることには変わりありません。
借り過ぎてしまうと支払う利息も多くなってしまい、返済で苦しくなります。
利用するときは、注意点もしっかりと理解しておきましょう。