ほくろがある場所も医療脱毛で処理できる?

ほくろがある場所も医療脱毛 VIOで処理できるのでしょうか?エステやサロン脱毛では、ほくろの場所は避けて照射します、と書かれているところが多いのではないでしょうか。これは、光やフラッシュは色素が濃いところに反応するからです。ほくろも色素が濃いわけですから、そこに強く反応するとやけどなどを引き起こす恐れもあるでしょう。

医療脱毛では、ほくろに関してはそれぞれ確認の上で照射できるものもあると判断されます。ほくろの色素が薄めであることや、隆起がないことなどが照射可能かどうかの判断材料となるのです。ただ、これも医師が決定することとなるので、自分でどんなに施術してほしいと頼んでも、受け入れられないこともあるでしょう。

また、ほくろから毛が生えてきてしまっている状態もありますよね。なくしたいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この場合も、医療脱毛なら医師の判断で施術できるケースもあります。ただ、色素が濃い部分ですから、照射することでさらにほくろの色が濃くなってしまうことがあるのです。他にはムダ毛も太くなってしまうというケースも起こります。ただ、事前にどうなるのかというのは一切予測できないものでしょう。施術を受けてみた結果が、自分の思い通りにはならないこともあるわけです。

美容外科では、まずほくろの除去からスタートし、その後脱毛施術をするというところもあります。とにかく処理可能か不可能かは自己判断できません。カウンセリングなどで、施術できるかなどは事前に確認しておいたほうがよいでしょう。